英語はめちゃくちゃでも伝わることを実感しよう

      2016/11/07

英語で会話をする際、英語アレルギーの人はいろいろなことを考えがちで、なかなか最初の言葉がでてきません。

  • 「単語はなんだっけ?」
  • 「文法おかしくないかな?」
  • 「発音は正しいかな?」

などなど考えだすとキリがありません。

かつての私もそうだったのですが、そうして考えている間に話すタイミングを失います。

これは英会話では無言になるなで理由説明しますが、欧米人は無言を嫌う文化があるからです。

だから初級者が心がけるべきことは、上記のようなメンタルブロックを外し、とにかく「英語はめちゃくちゃでも伝わる」ことをいち早く実感することです。

「嘘つけ、めちゃくちゃじゃあ伝わらないでしょ?」

という指摘はごもっともなので、初級者のうちに効果的な戦略をお伝えしたいと思います。

まずは「So, (えぇ~)」といってテキトーに話しかける

まずは、テキトーに話しかけます。

「So, I think ...」

とか

「So, it is ...」

とか何でもいいです。別にSo,を付けなければいけないわけではないです。会話にカットインできれば何でもいいのです。

この最初の話しかけの最大の目的は相手に注目してもらうことです。文法はテキトーだし発音もめちゃくちゃなので多分相手には何も伝わりません。

ただ、ひとこと言葉を発したことによって、相手が「んっ」とこちらに注目してくれます。

すかさず「 I mean...(っていうか)」を使う

相手の注目を集めたら、すかさず「I mean」と切り出しましょう。
私の中でI meanは「っていうか」というくらいのニュアンスで使っています。

この「テキトーな最初の一言」+「I mean ...」で40%くらい相手に話の内容(話題)を理解してもらいます。

I meanの後は多少具体的に内容を話します。それでも相手の理解度は40%くらいでしょう(笑)

「Ah...what can I say...(なんて言ったらいいのかなぁ)」を使う

相手は理解を示そうと必死ですが、まだ、首をかしげています。
ここで「Ah...what can I say...(なんて言ったらいいのかなぁ)」と言っていったん体制を整えましょう。この間に、次の言葉を考えます。

この間、一番やってはいけないことは「無言になること」です。
しつこいようですが無言は欧米では嫌われます。「Ah」でも「you know」でも何でもいいので言葉を発して間を作りましょう。

「For instance,(例えばさぁ)」を使う

最後にFor instance,で具体的な事例を出して説明します。
ここで相手の80%の理解を目指します。I meanよりもさらに具体的な内容を心がけましょう。「For instance」の後は「例え話」なので、難しい関係代名詞を使った説明は不要で、ボディランゲージを交えたロールプレイが可能なのでかなりハードルは下がるはずです。

まとめ

上記の戦略は、「抽象」と「具体」を行き来しているだけで、日本語でもよく用いられるコミニュケーシです。

ただ、英語でこの流れをどう作るかはを教えてくれる教科書や先生は少ないと思います。

最初のうちはほとんど全てをこのパターンに当てはめていけばいいと思います。そのうち慣れてきたら「For instance」を使う前に相手に意思が伝わることあると思います。最初から一発で伝えようとせず、「I mean」、「For instance」を使ってだんだん具体的に聞いていけばなんとなく伝わります。

こうやってメンタルブロックを外し、徐々に正しい英語にシフトしてきましょう。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - 英語 ,