Meryの初期設定 MeryをWindowsのテキストエディタとして使ってみる

      2016/10/13

インストール不要なWindows用のテキストエディタを探していたところ「Mery」なるものを発見しました。
最初の設定さえ、済ませればかなり便利に使えそうです。

ダウンロード

こちらのサイトからダウンロードできます。インストールしないので、ZIPファイルを解凍してMery.exeを起動するだけです。

関連付け

まずは、テキストファイルが常にMeryで開かれるように設定を行います。
基本的には下記の通りです。
レジストリ(Windowsの内部)をいじるので自己責任でお願いします。

Mery 関連付け - MeryWiki

  1. ページに書かれたコード(下の方)をコピペして「CreateAssociationRegister.js」という名前で保存。
  2. Meryを起動し、マクロ→カスタマイズ→新規作成 で作成したjsファイルをマクロとして登録
  3. 関連付けしたい拡張子をエディタ上に列挙する(上記リンク参照)
  4. 作成したマクロ実行
  5. アクティブなタブのファイルを「登録.reg」として保存
  6. 「登録.reg」を実行
  7. 適当なテキストファイルを右クリック→Meryをデフォルトで開くに設定

初期設定

以下の設定を行います。

  • 折り返し表示
  • タブの有効化
  • デフォルト設定

こちらのサイトを参考にしました。

タブ機能が使えるテキストエディタ「Mery」

知っておきたい機能

デフォルトで搭載されている機能です。

  • SHIFT+Alt+カーソルキーで短形選択
  • トリプルクリックで行選択

辞書登録

Alt+Spaceで辞書を呼び出します。
辞書はexeというフォルダ内に入れます。詳しくはwikiサイトで。

便利マクロの登録

カーソル移動のキーをカスタマイズ

以下を参考にしました。

テキストエディタMeryでカーソル移動のキーカスタマイズ | ノート100YEN.com

キーマクロ

これでMacのEditMarsのように機能します。

便利なキHTML入力マクロファイルのダウンロード - web-edit

まとめ

今のところさくさく動きます。Windowsではこちらをベースにプログラミングをしていきたいと思います。
USBメモリに入れても使えそうです。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - ソフトウェア