PER、PBRとは何か?一言で説明

      2017/01/03

   
株価の割安感を測る指標として用いられる「PER」と「PBR」っていつまでたっても理解できないですよね。

今回はどちらも一言で説明してみたいと思います。

PERは「何年で元が取れるか」

PER(株価収益率)とは、

「何年で元が取れるか」を表したもの

です。

例えば、PER15倍の株価の企業があるとすると、その企業の株を購入したら「15年で元がとれる」ということです。

ちなみに、PERは以下の式で計算されます。

PER =株価 ÷ 1株あたり純利益

PBRは「企業が解散したら現在の株価を何人で分けるか」

続いてPBRです。
PBR(株価純資産倍率)は

「企業が解散したら現在の株価を何人で分けるか」を表したもの

です。

例えば、PBRが1倍の企業があったとします。この企業は今すぐ解散したとしても、現在の株価は1人に割り当てられるため全額返ってきます。ですので、PBRが1倍以下の企業は割安と判断されることが多いです。

PBRは以下の式で求められます。

PBR =株価 ÷ 1株当たり純資産

上記のPER、PBRを意識し割安株を掘り当てバリュー投資家の仲間入りをしましょう。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - 経済学 ,