カーシェアリングとレンタカーの撤退比較。週末に半日くらい乗る人にはどちらがお得かシミュレーションしてみた。

      2016/05/15

   
最近、車に乗る機会が増えてきました。家の近くにはTimesのカーシェアリングとオリックスレンタカーがあり、両方を何度か利用してきました。

どちらもメリット、デメリットがあるのですが、料金の観点からカーシェアリングとレンタカー、一体どちらがお得なのかを調べてみました。

タイムズカーシェアリング

以下、タイムズプラスの料金プランです(2016年1月末現在)。

メニュー 利用料金 距離料金
ショート ベーシック 206円 なし
プレミアム 412円
6時間パック 共通 4,020円
12時間パック 共通 6,690円 16円/km
24時間パック 共通 8,230円
アーリーナイトパック 共通 2,060円
レイトナイトパック 共通 2,060円
ダブルナイトパック 共通 2,580円

タイムズは月額料金が1030円かかりますが、無料料金も1,030円つきます。毎月必ず使うなら実質0円です。

気になる保証についてですが、対物事故に対して免責額がないのが魅力です。

タイムズカープラスは、ご利用中の万一の事故に備え、下記の金額を限度とした補償があらかじめ利用料金の中に含まれています。

  • 対人補償(他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償)/1名につき 無制限 (自賠責補償 3千万円を含む)
  • 対物補償(他人の物や車に損害を与えた場合の補償)/1事故につき 無制限 (対物免責額 0円)
  • 車両補償(タイムズカープラスの車両に損害があった場合の補償)/1事故につき 時価額 (車両免責額 0円)
  • 人身傷害補償/(ご自身や同乗者が死傷した場合の補償)1名につき 無制限

搭乗者の自動車事故によるケガ(死亡・後遺障害を含みます)につき、運転者の過失割合に関わらず、損害額を補償します。(限度額無制限:損害額認定は保険約款に基づき保険会社が実施いたします)

※搭乗者補償は付保されておりません。

また、車両に損害を与えた場合は、タイムズから営業保証の一部としてノンオペレーションチャージ2~5万もしくは実費を請求されますが、利用ごとに309円を支払うことでNOC(ノンオペレーションチャージ)ならびにペナルティ料金が不要になります。

詳しくは下記を参照してください。

免責の詳しい説明は以下が参考になりました。

オリックスレンタカー

様々な割引を駆使すると以下の料金になります。

タイプ 6時間 12時間 24時間 追加1日
sクラス 4,158円 4,158円 5,400円 4,574円

一見リーズナブルに見えますが、保証がカーシェアリングと異なる点で注意が必要です。

一番の違いは免責額が発生する点。免責とは「車が万が一事故にあった際に、大部分の費用は保険でまかなわれるけど、ある一定額はお客様も払って下さいね」というものです。

ちなみに、オリックスレンタカーの保証の内容は以下の通りです(2016年1月現在)。

  • 対人/無制限
  • 対物/無制限(免責額5万円)
  • 車両/時価(免責額5万〜10万円)
  • 人身傷害/3000万円まで

つまり、万が一事故にあった際には5万円〜10数万円支払うリスクが伴います。

この免責を1,080円/24時間で免除する免責補償制度(CDW)も存在します。これはカーシェアリングでは必要のないコストです。

さらにカーシェアリングと同様、車両故障時などは2〜5万円のノンオペレーショナルチャージも請求されます。

これを免除するために、540円/24時間でレンタカー安心パック(RAP)に加入できます。

詳しくは以下に記載があります。

レンタカーの使い方 - 保険・補償について|オリックスレンタカー(旧ジャパレンエックスレンタカー)

6時間乗る際のシミュレーション

実際にシミュレーションしてみます。まずは6時間パックの比較から。

タイムズカーシェアリングの場合

4,020円(6時間パック)+309円(NOC免除)=4,329円

カーシェアリングはガソリン代がかからない点も魅力です。

オリックスレンタカーの場合

4,158円(6時間)+1,080円(CDW)+540円(NOC免除)+ガソリン代 = 5,778円+α

CWDやNOC免除を利用しなくてもカーシェアリングには勝てません。

8時間乗る際のシミュレーション

車って、朝の10時から夕方18時まで、といったように8時間くらい乗りたいことが一番多いんですよね。

タイムズカーシェアリングの場合

4,020円(6時間パック)+206円/15分*8(2時間延長)+309円(NOC免除)=5,977円

6時間の場合と比べてだいぶ値段が上がります。

オリックスレンタカーの場合

4,158円(12時間)+1,080円(CDW)+540円(NOC免除)+ガソリン代 = 5,778円+α

カーシェアリングとほとんど差はありません。むしろ、CDWに入らなければカーシェアリングより全然お得になりそうです。

つまり、万が一事故にあっても5〜10万円くらいならいっか、と割り切れる人はレンタカーの方がお得になるということです。

12時間乗る場合

言わずもがなですが、、、

タイムズカーシェアリング

6,690円(12時間パック)+309円(NOC免除)+16円*走行距離=6,999+α円

オリックスレンタカー

4,158円(12時間)+1,080円(CDW)+540円(NOC免除)+ガソリン代 = 5,778円+α

これもオリックスレンタカーの方が安くなりそうです。

まとめ

  • カーシェアリングは保証が魅力的。事故時も免責額が発生しない。
  • ガソリン代もかからない
  • ただし、カーシェアリングが安くなるブレークイーブンポイントは8時間くらい(CDWを払わないならレンタカーの方が1,000円くらいお得)

参考

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - お金のこと, 旅行/グルメ