過去の栄光を語る人はカッコ悪い

      2016/10/13

最近、職場に他者から転職してくる人がたくさんいます。若い人からキャリアを積んだ人まで様々です。
そんな人達と接していて1つ気がついたことがあります。それは、特にキャリアを積んだ人にありがちなのですが、こういう人って必ず過去の栄光を語りだします。

恐らく、いち早く周りの信頼を得たい、という思いからそうしているのだと思います。

確かに、話を聞くと、素直に凄い人だったのだなぁと思います。

しかし、私を含め今職場にいる人たちの興味は「これから」であって、過去の実績ではありません。過去の実績はあくまでも参考データです。

だから、こういうキャリアを積んだ人には、過去の栄光を語るのではなくビジョンで自分の凄さを表現してもらいたいと思います。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - 仕事のこと