僕はなぜブログを書くのか?

      2016/10/13

先日の記事を書いてから、自分がなぜブログを書くのかを考えていました。

リーダーの仕事はWhyを与えること | 楽楽研究室

僕は、運にも恵まれ、若いうちから海外留学や海外赴任を経験させてもらいました。

そこでは英語でのコミニュケーションが必須だったのですが、これまで学校で習ってきた英語では実際の会話に対応できないということを痛感しました。

もちろん英会話の上達には慣れが必要なのですが、英会話の課題に対する解決策を「慣れ」の一言で片付けられたのでは、留学経験などがモノを言ってしまい、実際、手の付けようがない人が多いのではないかと思います。

「慣れ」とは何か?それは自分が英会話する上で四苦八苦して考え抜いた「戦略」なのだと思います。

英会話での戦略を言語化できれば自分自身の理解も深まるし、それを共有することで、少しでも英会話学習にブレークスルーが訪れる人もいるかもしれません。

僕はそういう思いでブログを書き始めました。

最初のネタは英会話だけでしたが、だんだんと勉強したことは自分の言葉で言語化したいと思うようになり、プログラミングやスポーツのことなども綴るようになりました。

テーマが絞られていないのでわかりにくいと思われる人も多いかと思いますが、勉強した分野は、どの分野も、なるべく自分の言葉で言語化しているつもりです。

間違いを恐れず、概念の言語化・単純化・抽象化を心がけています。

これからもよろしくお願いします。

本記事は以下のアプリを使って投稿しました。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - ブログ