英語の発音練習は筋トレである

   

英語の発音はその独特な舌の使い方から一朝一夕でモノになるものではありません。

まだ日本語の発音が完璧に身につく前の子供であれば、英語を聞いてマネする過程で自然と英語の発音ができるようになるのですが、大人になるとこのような芸当はできません。

そこで、僕が提案したいのは、まずは物理的な舌の動きを頭で理解して、徹底的に筋トレするというものです。

例えば、「R」の音は舌を根元から持ち上げ保持します。日本語ではまず使われない舌の筋肉を使う必要があるので初めはなかなか思うようにはできません。

しかし、「これは舌の筋トレだ」と割り切ってずっと練習していると自然と舌の根元の使い方のコツが掴めるようになります。

まずは、舌の使い方を理解しましょう。そして、舌の筋トレを繰り返しましょう。

英語ペラペラへの道はそれからです。

本記事は以下のアプリを使って投稿しました。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - 英語