肩こり・腰痛の人必見!疲れにくい姿勢「骨で立つ」を解説する。

      2016/08/16


歳を重ねるにつれて肩こり・腰痛が顕在化し、悩んでいる方も大勢いると思います。

僕もそのうちの1人です。

また、僕は小さい頃からスポーツをやってきたのですが、その運動パフォーマンスはイマイチなものでした。

特に野球では、「腰を水平に回す」「股関節に乗せる」といった感覚がどうしてもわかりませんでした。

今日は、そんな肩こり・腰痛で悩む人、思うように運動パフォーマンスが上がらない人向けに、自分が経験してきたこと、発見したことをまとめてみようと思います。

解決策については、結論から先に言うとズバリ「骨で立つ」感覚を養うことです。

以下で詳しく解説します。
少しでもお役に立てれば幸いです。

なぜ肩こり・腰痛になるのか

一言で言うと、不安定な姿勢をかばおうと筋肉が固まり、その部分の血流が悪くなるからです。

イメージしてみてください。頭はボーリングくらいの重さがあります。

その下には一定の長さの積み木が重ねられています。

積み木と積み木の境目は関節です。

ある時、左右の積み木のバランス(両脚)が悪くなったとします。すると、上半身もその影響を受け、頭は積み木から落ちそうになってしまいます。

ボーリングの玉が落ちないようにするにはどうすればよいのでしょうか?

実は、積み木には筋肉という補助機能が付いており、この筋肉は自由に伸び縮みすることで積み木の前後左右のバランスを整えています。

ここで大切なのはこの筋肉はあくまでもバックアップとして働くということ。この筋肉は「グローバル筋」と呼ばれます。身体の表面にある筋肉でよく筋トレで鍛えられる筋肉です。

肩こり・腰痛になる人は姿勢が悪いため、このグローバル筋が姿勢を支えようと固まり、結果として血流が悪くなり炎症を起こします。

実は筋肉には、自動車のシートベルトのような仕組みがあります。シートベルトは、ゆっくり引っ張ると普通に出てきますが急に引っ張るとロックがかかってガチンと止まります。筋肉も同じで、急に引っ張られたりするとギュッと縮むのです。それは、急激な負荷が筋肉にかかった時に、筋肉が傷つかないための仕組みです。

大腰筋が(過緊張)拘縮する仕組み

インナーマッスルを使えばよいのか

実は積み木同士が真っ直ぐになるよう関節を支える筋肉も存在します。この筋肉は「ローカル筋」と呼ばれます。身体の深部に位置し、良く言われるインナーマッスルのことです。

最近「インナーマッスルを鍛えて健康になりましょう」と号令のように叫ばれていますが、そんなに簡単に鍛えられれば苦労はいりません。

そもそも肩こり・腰痛持ちの人はインナーマッスルをうまく使えていないので、鍛えるのは疎か意識することすらできないでしょう。

こういった人たちのインナーマッスルは、日頃ほとんど使われていないため眠ったままになっていることが多いです。ですので、まずはこの筋肉を呼び覚ます必要があります。

私たちは、普段ほとんど深層筋を使っていないために、深層筋を「活性化」するだけで、深層筋を今までよりもずっと使えるようになるのです。
そして、意識して大腰筋を使うことによって、膝はリラックスした状態でゆったりと伸び、腰から足が出ているような感じで歩くことができます。

2  KENKO PROJECT

大腿骨(だいたいこつ)と脛骨(けいこつ)で立つ

筋肉が固まらないようにするにはどうすればよいのでしょうか?

答えは「なるべく筋肉を使わないで立つ」です。言い換えると、骨で立つということです。

例えば、筋肉のない赤ちゃんが上手く立てるのは骨で上半身をうまく支えているからです。

上半身を支えるには、太ももとふくらはぎに位置する骨をうまく使う必要があります。

これらの骨が大腿骨と腓骨です。

太ももに位置する骨が大腿骨(だいたいこつ)です。ふくらはぎに位置する骨は脛骨と腓骨の2本あります。内側にある太い骨が脛骨(けいこつ)です。外側の細い骨は腓骨(ひこつ)です。骨で立つには、太い骨である大腿骨と脛骨の2本で体重を支えるのが正しい立ち方です。

「骨で立つ」方法とは | 四日市市の整体 にこにこスタイル

骨の役割から、 体重は太い骨である脛骨(けいこつ)に掛けるべきなのですが、多くの方が無意識に腓骨(ひこつ)に体重を掛けています。

太田市の整体院コラム:大事な足の骨…腓骨(ひこつ)

ひざの向きとつま先の向きを揃える

大腿骨と腓骨を真っ直ぐに働かせるためには、ひざの向きがつま先の向きと一致していることが重要です。

ひざの向きが足の親指と人差し指の間くらいを向くようにしましょう。

ひざの向きとつま先が違う人には、4つのタイプが存在します。僕は以下のようなタイプでした。

屈伸したときに、膝が内側に入り、つま先は外側を向いている

4タイプから判断できるあなたが鵞足炎になってしまった原因

さいごに

みんな難しい学問については知識も豊富ですが、一番長く付き合ってる自分の身体のことってなかなか知らないものですよね。

骨や関節、筋肉について、まずは頭で理解して健康に暮らしていきましょう。

本記事は以下のアプリを使って投稿しました。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - 正しい姿勢 ,