win, execute, teamというフレームワークを理解する

   


以前、アメリカのボスが作成した資料を見ていたら「win, execute, team」というフレムワークが記載されていました。

当時はあまり意味がわからなかったのてすが、どうやらIBMをV字回復させたLou Gerstnerが導入した社員のパフォーマンス評価のフレームワークのようです。

要は、市場で勝つための活動を、早く効率的に(完璧主義に陥らず)、IBM一丸で行っている人が評価されるというものです。

Win - business is a competitive activity

There are winners and losers. In the new IBM, there is no place for anyone who lacks zeal for the contest. Most crucially, the opponent is in the market place, not within IBM. Competing in the marketplace is the driving criterion for all of our actions and all of our behaviour

Execute - this is all about speed and discipline

There would be no more of the obsessive perfectionism that caused IBM to miss market opportunities and let others capitalise on IBM’s discoveries. No more studying things to death. In the new IBM, successful people would commit to getting things done – fast and effectively.

Team

Tthis was a commitment to acting as one IBM, to teamwork between individuals, between workgroups, between divisions – plain and simple.

Plans To Reality | Resource Centre | Cultural Change - IBM - Win, Execute, Team | Implementation Management | Strategy Implementation | Implementation Guide | Strategic | Planning | Plan | Business Planning | Strategy

以下のGarstner氏の言葉も興味深いです。

people do what you inspect not what you expect.
(ヒトはあなたが期待していることをはしてくれない。あなたが評価(監査)することをするのだ)

Plans To Reality | Resource Centre | Cultural Change - IBM - Win, Execute, Team | Implementation Management | Strategy Implementation | Implementation Guide | Strategic | Planning | Plan | Business Planning | Strategy

こんな解釈もあるようです。

当時の社内の会合で日本アイ・ビー・エムの当時の常務が、Win、Execute、Teamという3つの単語はこの順番が大事だと半ば冗談で言っていた。まずは勝て、それからやるべきことをやれ、そうすればチームはできあがる、というのだ。

Win, Execute, Team | 洋々代表 清水のブログ

あれだけ合理主義なアメリカの会社でも社内政治に時間を取られたりして、「市場で勝つ」という本来の目的を見失ってしまう、というのは面白いですね。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - グローバルマインド , , ,