【書評】ホリエモンのゼロを読んだ。ゼロをイチにするには「やってみる」ことしかない。

   


遅ればせながらホリエモンのゼロと言う本を読みました。

今まであまり語られなかった幼少期の思い出や創業時の困難などありのままのホリエモンが語られていました。

中でも

「チャンスは誰にでも平等に訪れる」

「なにごとも経験するから自信になる」

「小さな成功を積み重ねて成功のスパイラルに入る」

といった内容が、すぅ〜っと頭に入ってきました。

言葉も簡単だし、とても説得力のあるメッセージだと思います。

この本を読んで僕もノリよく何でも興味の持ったことをやってみようと思いました。

特に、モチベーションが低下しているときに読むのは最高だと思います。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - 本/映画/音楽