英単語学習を通じて言葉の精度を高める

   

英語を勉強していると英語がわかるようになること以外でも様々なメリットを享受することができます。

例えば、その1つに「日本語の精度を高められること」が挙げられます。

どういうことかと言いますと、

「〇〇って英語でなんて言うんだっけ?」

「〇〇ってどうやって日本語に訳すんだろう」

と日本語と英語を行き来していると、両者が常に一対一対応しないことに気づきます。

そして、

「この言葉は日本語の方が意味が広いなぁ」

「この英語に相当する日本語はないなぁ」

と、言葉が持つ意味の範囲を嫌でも意識するようになります。

鮒谷さんのメルマガでも、

「言葉を制するものは営業を制する」

と紹介されていますが、もしかしたら英語を勉強することで営業の人は営業成績にも良い影響があるかもせれません。

言葉1つ1つの意味をしっかり意識して、言葉を自在に操れるようになりたいですね。

そのための1つの方法として英語学習もありなんじゃないでしょうか。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - グローバルマインド