小学生の頃の自分に伝えたいこと(スポーツ編)

      2016/10/13


たまに、小学生の自分にアドバイスできたら何を言うか考えることがあります。

まずは、スポーツについて。

股関節の動きを意識しろ!アウターマッスルよりインナーマッスルを鍛えろ。

これに限ります。

僕は、小さい頃から野球をやっていましたが、完全に小手先だけのプレーでした。

また、身体をうまく使うことができず、特に、

  • 股関節に力ためる
  • 壁を作る
  • 腰を水平に回す

などの動きをスムーズに行うことができませんでした。

今ならその原因がわかります。

それは、大腰筋がしっかり機能しておらず股関節の可動域が極端に狭かったからです。

ですので、

「歩くとき」は、

大腰筋をつかって(伸張反射)、股関節の可動域を広げ、母指球の直線上に股関節がくるような状態

「立つとき」は、

ウナ(母指球とカカトの間)から脛骨、大腿骨を通じて股関節に繋がる状態。骨で立つ感覚。

「運動する時」は、

パワーポジション(背筋を伸ばし、股関節を折った状態)を維持した状態

を小学生の時の自分に教えてあげたいと思います。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - 健康のこと