営業が嫌いな人に朗報!誰でもデキる営業トークができるテンプレート

      2016/11/05

僕は営業が嫌いでしたが「やってみよう!」という気になりました。

全て以下の本のおかげです。

本書では、具体例を交えて、最強のセールストークを紹介してくれています。

これなら営業が嫌いな人でも、

「試してみよう」

と思えるはずです。

本書は序盤で一番大切なことを教えてくれます。

『お客が欲しいというものを、売ってはいけない』

と、私は言いました。なぜでしょうか?

ズバリ、結論から言います。
その理由は、

「お客さんは自分自身が欲しいものを知らない」

から。

これは、ヘンリーフォードやスティーブジョブズなど著名な起業家が何度も口にしていることです。

ちなみに僕も以前、同様の記事を書きました。

なぜマーケティングと営業を切り分ける必要があるのか | 楽楽研究室

本書は、上記を踏まえた上で、最強のセールストークのテンプレートを提供してくれています。

  1. 挨拶・雑談
    • 「私ですね 。すいません 。ここで雑談をして場をなごませるのが本当なんでしょうけど 、雑談苦手なんですよ 。何かいい雑談の方法って知りませんか ? 」
  2. 人間関係構築
    • あなたの 6 ~ 9歳の幼少時代のお話をしてあげる。
  3. ファーストマジッククエスチョン
    • 今回〇〇なわけですが、今の××に何かお悩み(ご不満)などおありなのですか?
  4. マインドキークエスチョン
    • 具体化
      • 例えば?
      • 具体的に言うと?
    • 極端化
      • 〇〇だと何か××過ぎるのですか?
    • キーパーソンの特定
      • 「今回お話を伺ってだんだんとクリアになってきました。お客様が、この人の意見も尊重した方がいいと思われる方は他に一切いませんか?」
      • 「あなたのご要望は 、よく理解できました 。だからこそお聞きしますが 、あなたが重要視したほうがいいと思われる方は 、他に一切いらっしゃいませんか ? 」
    • 予算確認
      • 「もう、これ以上かかるんだったら、検討するまでもない。検討外だと思ってしまうような価格と言うと 、たとえばどれぐらいの価格ですか ? 」
  5. 要望の確認
    • 最後の一押し(疑惑の導入)
      • 本当ですね?
      • 確かですね?
    • 最強のクロージング
      • (無言)

お客さんがわかっていない欲しいものを探り、効率的に契約まで持っていく流れをロールプレイも交えてわかりやすく解説してくれています。

これはセールスパーソン必読書ですね。

Kindle読み放題対象の本になっているので是非参考にしてみてください。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - セールス・マーケティング