転職する気がなくても転職エージェンとの面談は有用。

      2016/10/13


別に今すぐ転職を考えている訳ではないですが、転職エージェントと面談してきました。

結果、エージェントは普段の業務では得られない気づきをたくさん与えてくれました。

今回の面談に至る過程を通して勉強になったことがいくつかあります。

それは以下の点です。

  • 職務経歴書を作成することにより自身の棚卸ができた
  • 自分の転職市場での差別化要因を再認識できた
  • 面接における自分の弱点を指摘してもらえた

僕の尊敬する本田直之さんの著書でも「常に自分の市場価値を意識することが大切」と紹介されていました。

また、人気ブロガーのちきりんさんも「上司に評価されるよりも市場に評価されることの方が大事」とおっしゃっていました。

「最近、何か行き詰まっているなぁ」

と感じる人は、一度、現在の組織から外れて客観的な目で自分を見てもらうといいでしょう。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - キャリアについて