リュウドのキーボードRBK3200-が快適すぎる

   

以前から気になっていたリュウドのキーボードを買いました。

Amazonでも非常に評判が高いです。
ちなみに、この記事もリュウドのキーボードで書いています。

実際に使ってみて「良いところ」と「気に入らないところ」 が見えてきましたので、紹介したいと思います。

良いところ

  • タイムラグがほとんどない
  • キータッチが快適
  • 内臓されているiPhoneのスタンドが使える
  • 親指で「英数」「かな」変換できるのが便利
  • ショートカットキーが使える

良くないところ

  • iPhoneの予測変換がショボいのが露呈される
  • 押し慣れた親指の「かな」の位置に「スペース」がある

Bluetoothキーボードというと、タイムラグがあったり入力したキーが認識されなかったりという問題がありましたが、このリュウドのキーボードでは、このようなことが一切ありません。有線キーボードとほとんど遜色ありません。

また、iPhoneは作業画面が1つに限定されるため集中して文章を書くことができるというメリットもあります。

予測変換が悪い点は、むしろiPhone側の問題ですので、実質的には、スペースを誤って押してしまう点のみが気に入らない点です。

まぁ、こちらは慣れてくれば解消される問題だと思うので、あまり問題視しておりませn。

結果として購入して大満足です。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - 持ち物