コンサルの口癖を真似すれば思考が整理される

      2016/10/13

先日、ちょっとしたきっかけでコンサルティングファームに所属するコンサルタントと話す機会がありました。コンサルタントと話すと、今の自分が漠然と考えていたことが整理されスッキリした気持ちになりました。

普段、いちスタッフとして業務をこなしているだけだと、なかなかビジネス全体の階層構造を意識することができません。

問題解決においても、自分の担当の業務についてのみ深く考えているため、ビジネス全体を俯瞰してみるみる機会がすくなく、ロジックツリーのバランスも非常に悪くなります。

コンサルタントと話していると、彼らには以下の口癖があることがわかりました。

  • 軸として何が考えられるか(ロジックツリーを頭に描いているため)
  • 本当に〇〇なら〇〇だと言えるのか(論理が飛躍していないかチェックするため)
  • 〇〇だけでそう言えるのか(ロジックツリーの枝分かれの可能性を探るため)

質問は普段無意識の脳を刺激します。

普段からこういった質問を自分に投げかける癖を持つだけでも、思考が整理されてくるのではないでしょうか。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - 仕事のこと