転職活動を通じて自分の市場価値が何となくわかった

      2016/10/13


最近の転職活動を通じて、いろいろなことがわかりました。

  • 僕を雇ってくれるところはある
    • 年齢にも価値がある(35歳くらいまでは売れ時)
    • 英語ができるだけで価値がある
  • 僕は超優秀ではない

年齢に価値がある

年齢に価値があるとは、年齢差別とも解釈できそうですが、人材を育てたいという企業側の言い分もあるそうです。

そういった意味では、僕はまだ売れどきの年齢みたいです。

英語ができることに価値がある

外資系企業は英語力を重視します。最終的な報告ラインが外国人になるので当然といえば当然です。

転職市場において、英語はできるに越したことはありません。

僕は超優秀ではない

転職エージェントに褒められて完全に勘違い状態に陥っていました。よく考えれば、彼らは僕たちを転職させることでフィーを得ているので、僕らをその気にさせるよう言葉をかけてくれるのは当然です。

いくつか超優秀な人たちが集まる企業に挑戦してみましたが、結果は惨敗でした(笑)

そうでした。僕は落ちこぼれでした。

まとめ

社会にでてからは、いかに彼らと違う土俵で戦うかが大事です。

僕は僕の土俵を見つけてブルーオーシャンでのんびりやっていきたいと思います。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - キャリアについて