モブログ歴2年の僕の必須ツールBywordとするぷろを紹介

   

僕はiPhoneでブログを書く、通称、モブログを2年間続けています。

モブログをするには効率的にテキスト入力できるツールが必須です。

僕が愛用しているのは「Byword」と「するぷろ」というアプリです。

さっそく紹介しましょう。

BywordはMarkdown記法でスイスイ書けるテキストエディタ

僕はブログを書く際、Markdown記法を採用しています。

Byword

720円
(2016.10.21時点)
posted with ポチレバ

Markdown記法とは、軽量マークアップ言語のひとつです。

例えば、HTMLでは見出しを書くとき

「<h2></h2>」

と記載しますが、Markdown記法では

「##」

のみです。

Markdown記法は楽にインデックスを作成することができ、文頭に記号を挿入するだけなので視認性にも優れます。

その他「Byword」で僕が気に入っている点は、

  • デザインがシンプルで美しい
  • アプリ内の入力補助ツールが秀逸(カーソル移動、undo)
  • プレビュー機能が便利
  • Dropboxでクラウド対応

です。


▲入力の様子(デザインがシンプルで綺麗)

記事を書き終わったら、右上のアイコンをタップします。


▲上にスワイプすると上からタブが現れる

そして、項目の中から「Export」を選びます。


▲「Export」を選択

そして、「Copy HTML」を選ぶと記入した内容がクリップボードにHTMLのフォーマットに変換されてコピーされます。


▲ Copy HTMLでクリップボードにコピー

ここまで終わったら「するぷろ」の出番です。

するぷろに貼り付けて投稿する

するぷろは、iOSでブログを書くことに特化したアプリです。

コピーしたHTMLをするぷろに貼り付けます。


▲ペーストすると、、、


▲ちゃんとHTMLに変換されています

あとは普通に投稿するだけです。

実は、「Byword」だけでもWordPressなどのブログサービスに投稿することは可能なのですが、「するぷろ」は以下の点でBywordより優れているため僕はずっと愛用しています。

  • 投稿した内容の編集が可能
  • 写真データを自動でリサイズしてくれる
  • 左右のスワイプだけで<more>タグを入力してくれる

モブログをする多くの人が「するぷろ」を使っているのではないでしょうか。

さいごに

いかがだったでしょうか?
モブログでブログの執筆を行いたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - ブログ