目的と目標、ゴールの違いって言えますか?

      2016/10/25

コーチング。勉強しようと思い、Amazonで「コーチング」で検索したら、

『ザ・コーチ - 最高の自分に出会える「目標の達人ノート」』という本に出会いました。

これっ、久しぶりに良い本に出会いました!

今まで自分の中でモヤモヤとしていたコトがすっきり整理され、内容もかなり面白い本でした。

目標の立て方・考え方について非常に勉強になりました!

目標に関する言葉の定義を明確にせよ

僕たちは常に言葉の影響を受けています。自分自身がものごとをきちんと理解するためには、まずは言葉の定義を明確にする必要があります。

私たちは、経験したことや知り得たことを、言葉に変換して記憶しています。そのやり方があまりにもいい加減で曖昧だということは、脳に蓄積されたせっかくの宝も、いい加減で曖昧な状態でたまっている、ということになります。つまり、いつでも適切に活用できるような整理整頓ができていないということです。見出しが適当につけられた書類が散らばったままの部屋や机の状態と一緒です。それでは、効率も悪いし、なかなか成果も出にくいでしょう。

まずは、以下のように言葉の定義を明確にします。

  • 目的
    • 成し遂げようと目指す事柄
  • 目標
    • 目的を達成するために設けた目当て
  • ゴール
    • 競技などで、着順が決まる一番最後の地点・決勝点
    • 将来実現させたいと、心の中に思い描いている願い
  • ビジョン
    • 将来あるべき姿を描いたもの 将来の構想 未来像 その光景

大事なのは言葉の定義そのものというより、それぞれの言葉の関係性です。関係は以下のようになります。

目標はあくまで、目的に向けての目印でしかない

目的のための最終的な目印がゴールで 、そのゴールまでの途中の目安や 、通過点として置くのが目標

夢を束ねて見つめ続けると、あなたの価値観に合った目的が見えてくるのです。

ビジョンはゴールに向けて行動するための強化剤です。

この言葉の関係は、右脳でイメージできるようにしましょう。

どうやって目的を見つけるか?

目的が一番抽象的で曖昧なモノです。だから、多くの人が考えるのをなまけてしまいます。

だって、

  • あなたの人生の目的は?
  • あなたが仕事している目的は?

と聞かれたって、多くの人が即答できないですよね?

本書では、目的を明確にするにはドリームリストを作ることを提案しています。夢を100個書き上げて、毎日眺めるだけ。そうすると、自然と目的がはっきり見えてくるといいます。

「あなたの夢は?」と自分で質問して出てくる答えに共通した価値観が目的というわけです。

夢を束ねて見つめ続けると、あなたの価値観に合った目的が見えてくるのです。

これならできそうですよね?

そしてビジョンを描きつつ、モチベーションを保つのが成功の秘訣です。

目標の達人たちは、そういうビジョンをいつも描いて想像しては、自分のエネルギーにしています。ある意味、ビジョンはゴ ールに向けて行動するための強化剤です。

さいごに

いかがだっでしょうか?本書は、一見スピリチュアルな内容かなと思いきや、言葉の大切さを再認識させられる内容でした。

僕もさっそくドリームリストを作ってみたいと思います。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - 仕事のこと , , , ,