どんなに稚拙な考えでも誰かの思考に価値がある

   

ちきりん氏のブログから、とても興味深い記事を見つけました。

「思考と分析」、その微妙かつ決定的な違い - Chikirinの日記

僕は、これまで統計ソフトを使った分析が好きで、「分析こそ自分の強みであり好きな仕事だ!」と周囲の人に豪語していました。

しかしながら、分析結果に価値を付加することの難しさを痛感することもありました。

分析した結果を見て「だから何?」とマネージャーに問われると答えに窮してしまったりすることもチラホラ。

これは、僕が思考していなかったからだということに気づきました。

これからは「分析が好き」ではなく「思考が好き」となるようにマインドを変化させていきたいと思いました。

たとえどんなに稚拙な考えであっても、どんなにぶっとんだ考えであっても、(誰がやっても同じになる)単なる分析結果なんかより、人によって異なる「誰かの思考」の方が圧倒的におもしろいし、価値はまさにそこにあるのだと言うことです。

「思考と分析」、その微妙かつ決定的な違い - Chikirinの日記

この言葉には勇気をもらいました。

「どんなに稚拙な考えでも誰かの思考にこそ価値がある」

このことを意識して、自分の思考をどんどん発信していきたいと思います!

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - ブログ