NISA積立版は検討に値するか?2017年の投資方針はこれだ!

      2017/01/24

【追記】現行のNISAとの併用は不可です!

あまり評判のよくなかったNISA積立版ですが、非課税期間20年、上限額は40万円で決着がついたようです。

自民、公明両党は7日、与党税制協議会を開き、小口の株式投資を優遇する少額投資非課税制度(NISA)について、長期積立型の新枠を創設し、非課税期間を20年、年間積立額の上限を40万円とすることで一致した。

NISA積立型は20年非課税 きょう税制改正大綱決定 - 産経ニュース

こちらについては投資家達の意見も分かれていますが、結論から言うと、僕は利用しようと考えています。現行のNISAに投資できている人は変更する必要はないでしょう。

理由は、投資対象となる商品が限定される可能性が高いからです。現行の商品を購入し続けられる余力がある人には特段利点はないでしょう。

むしろ、メリットがあるのは、年間120万円の投資余力がなくてNISAに加入できなかった人たちでしょう。

  • 現行のNISA投資に加えて、まだ投資余力がある
  • 非課税のメリットを最大限享受したい

の2点です。

現在、我が家ではインデックスファンドを

  • NISA口座(非課税)
  • ネット証券口座(課税)

で投資運用しています。

これを今年から

  • ネット証券普通口座
  • NISA口座
  • 積立版NISA
  • iDeCo(確定拠出年金)

4つ3つに拡充して運用していこうと思います。

4つのうち3つ3つのうち2つは一定期間非課税での運用となります!

ファイナンシャルリテラシーを高め、経済合理的に運用していきましょう!

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - お金のこと