テキストファイル最強説。触れた情報は全てテキスト化してBywordに突っ込もう!

      2017/01/29

現在僕は、思いついたアイディア、ブログの下書きなどをテキストファイルで管理しています。

以前、「テキストファイルを使いこなすにはどうすればよいか」とあれこれ思案していたコトが最近になってようやく形になってきました。

テキストファイルで仕事を効率化するフローを思案中 | 楽楽研究室

今回はその具体的なプロセスを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Bywordを使う

思いついたらすぐメモをとりたいのでiPhoneにテキストエディタのアプリを導入します。僕が愛用しているアプリはBywordです。

Byword

720円
(2016.12.19時点)
posted with ポチレバ

Bywordの良い点は以下の点です。

  • マークダウンに対応している
  • デザインでシンプル
  • 補助キーボードが便利
  • PDF・HTMLなどの形式で出力できる

中でもマークダウンを使うことで文書、すなわち自分の思考を構造化して書くことができるのは大きなメリットです。

Bywordが構造的に考えをまとめるのに便利 | A-tak-dot-com

他にも良いテキストエディタはあると思いますが、マークダウンに対応しているという条件は必須です。

思いついたらすぐメモ

Bywordは起動も早いのでiPhoneのホーム画面のドッグに設置しておき、思いついたらすぐに起動して頭の中にある事柄をメモ書きします。

この時、頭の中が整理されていなくてもメモすることがポイントです。

なぜなら、一度メモ書きを始めると「作業興奮の作用」が働くからです。

作業興奮とは、心理学者のクレペリンが発見した作用で、手を動かすなどの作業をし始めると、脳内でドーパミン作られやる気が出てくるというものです。ドーパミンの性質は一言で言うと「やる気のホルモン」です。ドーパミンが出ることによって人はやる気が出てくるのです。

無理やり始める事で“やる気”が出てくる!『作業興奮』という心理 - NAVER まとめ

作業興奮の作用をうまく利用して、思いついたらすぐに、Bywordを立ち上げどんどん入力していきましょう。

琴線に触れる表現に出会ったらBywordに書き込んでストック

僕は、ウェブサイトや書籍で琴線に触れる表現に出会ったらすぐにBywordを起動してメモしています。

以前はEvernoteのウェブキャプチャ機能で記録・保存したりしていましたが、画像が入るとEvernoteがどうしても重くなり、起動が遅くなります(ちなみに同期するのにも時間がかかります)。

起動が遅くなると、それがストレスになり、すぐにメモするという作業自体が億劫になってしまいます。

その点テキストファイルは超軽量ですので、このようなストレスを感じることはありません。

また、テキストファイル管理のデメリットとしてグラフや表などのビジュアルな情報を管理できない点があげられますが、ビジュアルな情報をそのまま保存するのではなく、脳内で言語化(テキストに変換)するとその情報に対する理解が深まり、自分の頭の中も自然と整理されていきます。

ビジュアルな情報は、そのURLや参照情報をテキストで記述しておけばいいのです。いつでもソースに戻ることはできます。

それよりもむしろ、アウトプットの形式を「テキスト」に絞ることによって情報を言語化する癖を確立できること自体がテキストファイルで思考を管理することのメリットです。

閲覧したイメージ、グラフなどは言語化してBywordにどんどんストックしていきましょう。

さいごに

いろいろ書き連ねましたが、一言で言うと、「何か思いついたらBywordを立ち上げて書きまくれ!」ただ、それだけです。

僕のようにテキストファイルで思考の管理をしたいという人の参考になれば幸いてす。

おすすめ記事

1
2016年買って良かったモノを紹介します!

2016年もあとわずか。毎年恒例の買って良かったモノシリーズ、2016年版を紹介 ...

2
英語ができなかった僕がバイリンガルになるまでの5つの英語上達プロセス

英語ができなかった僕がバイリンガルと呼ばれるようになるまでに経験した過程を5つに分けて紹介します。

 - Mac/iPhone/アプリ